CSRA – 日本全国のコミュニティFM放送をWebで楽しむ!

えふえむ・エヌ・ワン

野々市市

24時間

FM-N1 15周年記念マルチ特番 12月27日(月) プレゼント応募をツイッターで

 石川県野々市町のFM-N1が12月27日(月)に開局15周年を迎えます。この節目を記念して、午前9時から特番を放送します。題して「Dream Forever 夢の先に また新しい夢」。特番をサイマル放送するほか、当日は番組にかかわっている地域サポーターと金沢工大生をはじめ、出演者、野々市町や金沢工大の関係者が一堂に集って交流。その模様をUストリームで同時放送します。

◇特番サイマル放送「Dream Forever 夢の先に また新しい夢」 9:00~10:00、10:15~11:15、11:20~12:00(FM-N1スタジオと金沢工大21号館から生放送)

◇Uストリーム放送「仲間と共に」 9:00~17:00(金沢工大21号館から中継)

15周年特番プレゼントをツイッターで!

石川県野々市の冬の恵み「かぶら寿し・大根寿し・鏡餅の詰め合わせセット」(5千円相当)

ツイッターで応募の方5名にプレゼント

応募方法 @fmn_oneをフォローして、#15thfmn1を付けてメッセージをつぶやいてください。

応募締め切り 平成22年12月27日(月)午前9時35分まで。

工大祭特番をUstream、パブリック・ビューでマルチ放送

 マルチメディア・ラジオを実践しているFM-N1では、10月23(土)、24(日)の両日、金沢工大の学園祭「工大祭」の8時間特番を放送します。ふだんのサイマル放送やiPhoneでの配信、ツイッターの活用に加えて、今回初めての試みとして、Uストリームとパブリック・ビューイングと連動して番組を制作します。工大祭特番は、FM-N1で年間500時間以上の生放送をしている金沢工大生のWAVEプロジェクト(部員35人)が制作します。能登半島にある穴水町から金沢工大の野々市キャンパスまで学生が夜通し歩く恒例の「100キロ歩行」や工大祭の模様をラジオ番組とウェブ映像、Uストリームで放送するほか、金沢市の台所「近江町」にあるパブリック・ビューイングの大画面でも放映します。

 工大祭特番の放送は10月23(土)午前9時~10時、午前11時~午後1時、午後3時~6時、24(日)午前11時~午後1時の合計8時間。工大祭のUストリーム・アドレスは以下の通りです。

http://www.kanazawa-koudaisai.com

バリー・ハリスらが出演。金沢工大でジャズの祭典「ビッグ・アップル」

 11月27(土)、28(日)の両日、石川県野々市町恒例のジャズイベント「ビッグ・アップル」がKIT金沢工業大学の多目的ホールを会場に開催されます。例年は町文化会館フォルテが会場ですが、改修工事で来年春まで使えないため、今年は金沢工大の全面協力のもと、初めて大学キャンパスで開かれることになりました。題して「BIG APPLE IN NONOICHI 2010 JAZZ AT KIT」(FM-N1ほか協賛)。

 今年の出演はバリー・ハリス、日野皓正、レイ・ドラモンド、リロイ・ウイリアムズ、石崎忍、井上智の皆さん。地元のムーンライトJAZZオーケストラがホスト・バンドとしてセッションに加わります。コンサートは11月28日午後2時から(前売り券3千円)。27日は午後1時15分から「バリー・ハリスのワークショップ」などが開かれます(受講料千円。見学無料)。

 ビッグ・アップルの詳しい問い合わせは、主催の野々市町情報文化振興財団(電話076・248・8000)まで。

金沢工大PMCで「ふるさとアーティスト展」 第2回は北海道編

 FM-N1のある金沢工業大学キャンパスには、PMC(ポピュラー・ミュージック・コレクション)という貴重なレコードの収蔵施設があります。全国から寄贈された20万枚ものレコードを所蔵して学生に開放しています。もちろん、FM-N1では番組の音源として有効活用しています。

 このPMCで今、「ふるさとアーティスト展」を開催中です。第1回の地元「石川編」に続き、第2回は「北海道編」として、北海道ゆかりのアーティストのレコード・ジャケットなどを展示し、北海道出身の学生たちが訪れています。なお、金沢工大の学生の7割以上が石川県外の出身者で占められていることから、PMCでは今後、各県ごとに特集を予定しています。

ふるさとアーティスト北海道編で紹介しているアーティスト

あがた森魚、安全地帯、大黒摩季、大橋純子、GLAY、JUDY AND MARY(YUKI)、中原理恵、中島みゆき、ホワイトベリー、松山千春、吉田美和、細川たかし、三橋美智也、GO-BANG’S(以上6月2日まで)、岡本敦郎、亀渕友香、北島三郎、こまどり姉妹、城卓也、新谷のり子、バーブ佐竹、森田公一、畠山みどり、牧村三枝子、三好鉄生、森山加代子、水谷豊(以上6月3日~23日) 

この催しの問い合わせ先・金沢工業大学PMCポピュラー・ミュージック・コレクション(電話076・294・6437)

 

石川県野々市町にジャズのスターたちがやって来る

 ジャズ界の至宝が集まって、「15th BIG APPLE in  Nonoichi  2009」(主催/野々市町情報文化振興財団 協賛/FM-N1ほか)が11月21(土)、22(日)の両日、石川県野々市町の文化会館フォルテで開催されます。ビッグ・アップルとはニューヨークの愛称です。NYを拠点に活動するジャズ・アーティストが15年前から野々市町に毎年訪れて、ファンはもちろん、町の小中学生や多くの人たちと交流を深めています。

 今年の出演は、ベニー・グリーン、北村英治、ピーター・ワシントン、ケニー・ワシントン、ジェイムス・ゾラー、井上智、霧生ナブ子、上田マキ、石崎忍、そして、野々市町を拠点にしているビッグ・バンド「ムーンライトJAZZオーケストラ」の皆さん。コンサートの前売りチケット(3000円)を発売中で、2日間の日程などは次の通りです。

・11月21日(土)午後1時~5時 ワークショップ&クリニック(受講料1人1000円)

・11月22日(日)午後3時~ コンサート

・チケットなどの問い合わせ先 ☎076・227・6200(野々市町情報文化振興財団)

 なお、FM-N1では、コンサートの模様を12月19日(土)午後3時から2時間特番でお伝えします。

金沢の「金箔美人」リスナーに人気!

 

kinnpaku.jpg

 金沢といえば金箔 金箔といえば金沢というほど、金沢の金箔は認知度があります。

 FM-N1で6/17(水)放送した番組「1212幸せの数字」、ゲストは金沢市西泉にあるKUMIエステティックのエステシャン久徳久美さんでした。そして、リスナーにプレゼントをしてくれたのが金箔入りの石鹸「金箔美人」でした。

 番組では、「金箔には微量なマイナス電流が流れていて、肌のプラス電流とくっ付いて汚れをとるのです」と説明してもらいました。顔から気持ちまでピッカピカになる金箔入り石鹸「金箔美人」は,純金箔・無香料・無着色。全国でもKUMIエステティックのみが取り扱っています。値段は90g2940円、15g504円(いずれも税込み)。

お問合わせ先 KUMIエステティック 

石川県金沢市西泉4-23 電話 076-241-8037

      

 

 

 

「TOKYO 1969」に金沢工大PMC所蔵のレコード・ジャケット

tokyo1969.jpg

40年前の東京の流行風俗、気分を味わえる「TOKYO 1969」が渋谷パルコ パート1・6Fで開かれています。企画したのは立川直樹さん。当時、20歳だった立川さんが同名の著書を6月に刊行したのにちなみ、イベントを同時開催しているものです。パルコ1号店が誕生したのも1969年でした。そして、立川さんが設立にかかわった金沢工業大学PMC(ポピュラー・ミュージック・コレクション)から約130枚のレコード・ジャケットが展示されています。69年に発売された貴重な懐かしいレコード・ジャケットがそろっています。6月15日(月)までで会期中無休。入場料は一般300円、学生200円、小学生以下無料です。


パーソナリティの田中康典さんがチョモランマ登頂に成功

 FM-N1パーソナリティのアルペンガイド田中康典さんがチョモランマ登頂に成功しました。
 5月15日から、アタックを開始していたもので、同19日、FM-N1に連絡が入りました。
 田中さんは、「生活いち番シャトル便」の第3木曜日、山、自然、いのちの時間を担当しています。
 次回の番組出演は6月18日を予定しています。たっぷりと土産話を聞けると楽しみにしています。

FM-N1パーソナリティがチョモランマ挑戦

 FM-N1の番組「生活いち番シャトル便」のパーソナリティ田中康典さんが、世界の最高峰チョモランマ登山に挑戦しています。アタックの予定は5月15日で、現在は高度順応訓練に励んでいます。
 田中さんは世界五大陸の七つの最高峰(セブン・サミット)を目指しています。これまで5カ所の登頂を成功させ、残るのはチョモランマと南極大陸のヴィンソン・マシフだけとなっています。
 チョモランマ登頂を果たして元気な顔で戻ってきてほしいと願っています。そして、たっぷりと冒険話を聞きたいと思っています。

源平合戦ゆかりの倶利伽羅で八重桜まつり 4/28~5/5

 石川県津幡町にある倶利迦羅不動寺の周辺で、「倶利迦羅さん八重桜まつり」が4月28日(火)から行われます。12世紀末、木曽義仲が平家の大軍を打ち破った倶利伽羅峠は加賀と越中の国境に位置し、現在は頂上付近におよそ3千本の八重桜が植えられています。5月の大型連休には見ごろを迎え、多くの人出でにぎわいます。まつりの期間は5月5日(火)(祝)までで、4月28、29の両日には倶利迦羅不動寺境内で「厄除け念仏赤餅」がつかれ、参拝者に無料で配られます。まつりの詳しい問い合わせは、津幡町商工会(電話076・288・2131)まで。
1 / 3123